いい先輩後輩の関係って?

私のキャリアパス

1年目

プログラミング未経験で入社。4~5月の新人研修で基礎を学ぶ。
その後、銀行のシステム開発に配属される。目の前の仕事をがむしゃらに頑張る。

2年目

後輩ができる。自分の仕事をこなしつつ、後輩を教える立場になる。

垣根のないフラットな社風

大学生時代から「何かを作る仕事がしたい」と思っていました。そこからSEという職業を知り、興味を持ちました。
我社を選んだ理由は、説明会で感じた社風、雰囲気の良さです。先輩後輩の関係がフラットな感じがしました。今もそのイメージは変わっていません。むしろ、予想以上に垣根がない関係でびっくりしました。

プログラム経験なしの入社

大学は理系でしたがプログラミング経験は全くなく、会社に入ってから勉強しました。 新人研修では合宿も含めて2か月間、技術や知識をみっちり学びますが、そのあとはもう現場です。先輩に教えてもらいながら、ひたすら仕事の中で学びました。最初の苦労は、周りからすれば簡単なことでも、自分にはわからないことでした。先輩たちの会話の内容がわからないのです。さらに、知識がないため、何がわからないのかを伝えることも難しい。大変というより、「もっとできるようにならないと!」という気持ちでした。
先輩には本当にいろいろ聞きました。始業前や就業後に20分ほど時間をもらっていたのですが、忙しくてもちゃんと時間を作ってくれました。みなさん親身に相談にのってくれ、すごく助かりました。本当に、よい先輩に恵まれました。1年目も後半になると、PCの画面や図を見せながら聞く方法にたどり着きました。これは今、後輩に教える際にも気を付けてやっていますね。2年目になって、先輩達の会話の内容がわかるようになり、自分も成長したなあと感じます(笑)。

成長とやりがい

2年目になって、2人の後輩がチームに加わり、その面倒をみています。彼らを指導しつつ、一緒に頑張るという感じです。1年目は自分のことだけ考えて仕事をしていればよかったのですが、2年目は後輩のことも考えなければいけません。視野を広げ、考える範囲が広がりました。周りを見るようになったことが大きな違いです。うまくコミュニケーションがとれるように、一緒にごはんを食べに行って話をするようにしています。やはり、会話をすることが大事だと思っています。
様々な人と話すようになったのは、会社に入って良かったところですね。仕事のやりがいを感じるときは、自分が作ったシステムが思い通りに動いたときです。経験がない中で頑張ってきて、本当に良かったと思います。先日私たちが作ったシステムが無事にリリースされ、心の中でガッツポーズしました。

働きやすい環境

同期だけでなく先輩や後輩とも、よく遊びに出かけます。休日にはフットサルをしたり、サッカー観戦、映画、食事、旅行にもちょくちょく行きます。事前に相談すれば、有休は取りやすいと思います。平日はしっかり仕事、オフはリフレッシュ。オンオフ共に楽しんでいます。
年齢関係なく相談しやすい社風は、先輩が接しやすい雰囲気を作ってくれているからだと感じます。この環境が働きやすい理由なのだと思います。新しく入ってくる人にアドバイスがあるとすれば、いろんな人に話しかけた方がいいということですね。
株式会社SK2
〒107-0052 東京都港区赤坂3-21-16 SKI赤坂ビル5F
採用連絡先: 080-3701-3586
  • リクナビ2017

Copyright © 2017 SK2 Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツ内に含まれる全ての著作物は著作権法により保護されています。
それらを無断で複製、改編、翻訳、頒布、展示する事は禁止されています。